So-net無料ブログ作成

2011-11-30

ハートプロジェクトの茅ヶ崎で場所を提供頂いている
足立さんご夫妻がお見えになりました

2011y11m30d_010047484.jpg

茅ヶ崎と横浜鶴見で洗浄頂いた写真と寄せ書きをお持ち頂きました

2011y11m30d_010127875.jpg

鶴見で作っていただいた寄せ書き
当日鶴見の西村さんからもご連絡いただきました

2011y11m30d_010133578.jpg

2011y11m30d_010138671.jpg

2011y11m30d_010143218.jpg

以外と?若い方々が多いそうです

クチコミやハートプロジェクトのホームページを見てどんどん
活動の輪が広がっていったそうです

大変な数の方々が思いをこめて寄せ書きにメッセージを
書いて頂いています

代表の高野さんに伺ったお話ではこれまで
ハートプロジェクトには5000~6000人くらい参加されたとか・・・

その中でゆりあげの写真も表参道、東京工業大、長崎大、茅ヶ崎、横浜鶴見市場、
駒場東邦高、早稲田本庄高、東京横浜ドイツ学園と大変な数の方々が
これまで救済に携わっていただきました

高野さん始め皆様がゆりあげには特に思いを寄せて頂いているようで
色々なご提案も頂いています


当日は一橋大学の栗田さんという学生さん(りす会で洗浄されたそうです)も
来られ、色々お話を聞かせていただきました

2011y11m30d_010148109.jpg

2011y11m30d_010152906.jpg

2011y11m30d_010159859.jpg

足立さんご夫妻と栗田さん
現地のお話や、色々なメンバーの方々のお話、貴重なお話を聞くことが出来ました


2011y11m30d_010059593.jpg

ちょうど力士の方々も見学に来られ私は途中一時間ほど
離れていたのですが、足立さんご夫妻と栗田さんは
写真の展示作業を手伝っていただきました

写真はすぐに展示して頂き、早速探しに来られた方が
知り合いの写真を見つけていました
また遠くからわざわざ持ってきて頂いたことに感謝されていました

ハートプロジェクトの皆様にも今年中にはお礼に伺いたいと思っています
改めてありがとうございました


2011-11-27

滋賀県より届けていただきました

2011y11m27d_183759718.jpg

小西さんはじめ現地ボランティアの皆様、ありがとうございました


昨日これまで各地で何箇所で洗浄のお手伝い頂いたかを改めて
数えてみると25箇所でした!
また洗浄以外にも様々な方に色々な支援をして頂きました

2011y11m27d_183730281.jpg

皆様のおかげでほぼ洗浄を終えさせていただき
後は帰ってくる写真を待つだけとなります

今後データ化に入る予定ですが、その前に
各地にお礼にお伺いできればと思っています


2011-11-25

今日はブログを紹介します

雅人ママの小さくて大きい日常

「思い出探し隊」を始められた方です
各地の写真保全活動の中でもおそらく最も早く始められた方だと思います

他地区にもその地名のついた思い出探し隊があったようなので
私が引き継いだ後に「ゆりあげ」の地名を付けて「ゆりあげ思い出探し隊」と
対外的にしました

彼女に接しさせて頂いたからこそ、津波で大切な人を失った方の心情と
ボランティアさんや津波に関っていない方との差を認識させて頂くきっかけになりました

今の自分は大切なものを失った方の内側の部分とズレてきていないだろうか
最近考えることが以前より少なくなっているように自分自身思います

今後写真保全活動もデータ化に入る予定です

各地にも伝えさせて頂きましたが、写真はプラスになる場合もあればマイナスに
なる場合もあります

今後各地のデータ化で先行されている方々の声を聞くと共に、
改めて慎重に進めなければいけないと自分自身言い聞かせていきます


2011-11-22

法政大学の学生さんにお話をさせて頂くにあたって
様々な方にお話をお聞きしました

 朝市の櫻井理事長からは

  衣食住が足りてきている中、今後は自立に向かって一緒に頑張ろうという気持ちで
 ともに歩んで欲しい
  本当に必要な支援はぜひして欲しいが、それ以外事足りている部分は自立面から
 考えても控えて欲しい。ただ必要な部分は必ずあるのでこれからも見守って欲しい
  改めて人の繋がりの大切さを伝えて欲しい。もし遠くに親戚がいて連絡が取りづらい
 状況なら、いつでも連絡が取れるようにして何かあったらすぐに助けに行けるようにして欲しい

 市役所の方々から

  とにかく安定した雇用が必要、景気もあり臨時雇用もいつまで続くか分からない
 それぞれの立場から出来る支援をお願いしたい
  これまでのコミュニティのつながりがなくなり、知らない町の中で新しい生活を始める
 方々に温かく接していただきたい
  市役所の業務は、震災前と較べると部署によっては数倍に増えているところもあるが
 基本人員は変わらず、人手が足りない。ボランティアの支援はこれからも必要

 ゆりあげの方々から

  震災の記憶を忘れずに、今後同じようなことがあってもお互い助け合えればいいと思う
  借り上げ住宅に移ってから、子どもの学校の関係でこれまでより一時間早く起きなければ
 いけない

 など色々な意見を頂きました。ありがとうございました




以前私が働いていた会社で上司の方が「人の価値」に
ついてこういう話をしていました

自分が飢えているときにパンを一つ持っている
同じように飢えている人がいて何も持っていない
そのときに自分のパンをどれだけあげられるか
その量がその人の価値だよと
ぜひそのときに半分あげられる人間になってほしい

そういう話をされていました。素晴らしい話だと思います
ただ私は普通の方はそこまで出来ないと思います
でも自分が余裕があるときにパンの3分の1をあげることなら
誰でも出来ると思います

それが自分一人ではなくみんなができる社会になれば
「一人の千歩より、千人の一歩」であれば
未来は変えられると思います

ボランティアや色々な支援も同じだと思います。自分が余裕があるときで
いいから、少しでもその余裕を苦しんでいる方々に分けられるように
自分が無理でも周りを見渡せば出来る方はいるかもしれない
それぞれの立場からぜひいつまでも温かく見守って頂ければ

学生の方にはそういう話をさせていただきました



雇用やコミュニティの部分で不安を抱え、今や将来に希望が持てないということについて
大学の先生に伝えてみたところ
「これまではそれぞれの立場で必要とされていた方々が、必要とされていないと感じると
自信をなくすのではないか」という感想を頂きました

失ったものの中にはもう二度と戻ってこないものもあると思います
あまりにも大きいものもあると思います
当事者以外は苦しみは分からないと思います
ただ少しでも理解しようとし、思いを寄せ、それを通じて新たな繋がりが創られ
その上に新しいものを生み出すことが出来れば未来が変わるかもしれません



今回色々な大学を回りました
写真洗浄にご協力頂いている場所もお伺いしたかったのですが
時間の関係で回れませんでした
また近いうちに東京に行く予定です
そのときにお伺いさせていただこうと思います



2011-11-20

東京での初日・2日目は法政大学にお邪魔しました

2011y11m20d_232300078.jpg

ボランティアセンター内

2011y11m20d_232243781.jpg

ゆりあげの写真も貼ってくれていました

法政大の大友さんにキャンパス内を色々案内していただきました
大変広いキャンパスで緑も多く素晴らしい場所でした

2011y11m20d_232305671.jpg

社会学部棟から
ビル街は神奈川県橋本市です。山梨県も近いそうです

2011y11m20d_232313312.jpg

2011y11m20d_232322437.jpg

不戦の誓
広島やアウシュヴィッツ、南京、沖縄等の土から作ったモニュメントだそうです

2011y11m20d_232327750.jpg

当日も写真洗浄を行って頂いていました

エッグドームというところで、学生の方たちにお話をさせて頂きました

2011y11m20d_232339046.jpg

2011y11m20d_232345968.jpg

次回お話させていただいた内容をお伝えします

2011-11-20

東京から戻ってきました

非常に勉強になり、改めて考えさせられることも多かったです

2011y11m20d_045152031.jpg

法政大学にて

キャンパス内いたるところに案内を貼ってくれていました

詳細は次回で!



2011-11-15

今日はリコーの方とお会いしました

現在、リコーでは南三陸・女川・陸前高田を支援されています
他にも依頼は来ているそうなのですが、現在の人員では難しいかも
とのことでした(名取市内でデータ化をされています)

話していて感じたのが、各地で写真展示が残っているところは自治体や
社会福祉協議会がかなり関わっているということでした

機材やシステムは協賛頂ける企業もあるそうなのですが、維持には
時間と費用や環境や人も継続的に必要になります

名取はこれまで全て各地の皆様の善意で成り立ってきました
ただ継続という視点では、5年10年というスパンではやはり自治体が
管理しなければ継続は難しいかもしれません

ただ全国の多くの方々の善意の力で支えられてきた思い出探し隊です
その流れはいつまでも大切に今後に繋げていきたいと思います

明日からは東京に行きます。時間があればお世話になっている方々のところにも
お伺いできればと思います

2011-11-12

ゆりあげの方にお話を伺う機会がありました

様々なボランティアの方にも本当によくして頂いてきたが、5年10年先まで
続くか分からない、自立できるようにとにかく安定した仕事が欲しい
ということをおっしゃっていました

切実な問題だと思います

写真についても、心に余裕があってこそ振り返ることも出来ると思いますが
今や将来に不安がある状態で、そこまで考えられない方もいるかもしれません

ボランティアも同様で、自分が苦しいときに相手に思いを寄せることは
なかなか出来ないと思います

今は写真を通じて持たせていただいた善意のつながりをそういった方々にも
なんとか展開できないか、大変難しいですが模索しているところです

16・17日と東京に行く予定です

法政大学にお伺いしに行きます。いい知恵をぜひお借りしたいと思います




みなとみらいより送って頂きました

2011y11m13d_010434640.jpg

寄せ書きです。いつもありがとうございます
本当に多くの方々が携わって頂いているのが分かります

2011-11-09

東京新聞の方から送って頂きました

2011y11m09d_194331109.jpg

MM思い出返し隊の皆様が載っています

先日はハートプロジェクトさんの取材で新潟放送のかたも
来られていました

武蔵小杉での活動も新聞に載っています(勝手にスイマセン・・・)

各地の活動が更なるご縁を生み出し、今後につながるといいですね!

2011-11-06

学生さんの懇親会に呼んで頂きました

2011y11m06d_015605781.jpg

東京大学を中心に東京方面から約40名の方々が来られています
日本総研、東北学生協会の方々のご好意で挨拶をさせていただきました

今現在の状況、各地の温度差、つながりの大切さなどについて
話をさせていただきました

2011y11m06d_015600281.jpg

これからの日本を動かしていく可能性が大いにある学生さん達です
夢も様々で、研究者や宇宙を目指す方、法曹を目指す方
来年から官僚として頑張っていくという方もいました
今も東京で様々な活動をされている方々もたくさんいました

ぜひ今回をきっかけに、いつまでもそれぞれの立場からつながりを拡げ
架け橋を築いていただきたいと願っています

貴重な機会を頂きありがとうございました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。