So-net無料ブログ作成
検索選択

2012-01-29

ハートプロジェクト静岡の皆様より

2012y01m29d_010415000.jpg

洗浄の写真は最終になります
皆さんの写真とお手紙も頂きました(写真取るのを忘れました・・)
これからも出来ることを続けていきますと温かい言葉が綴られていました

2012y01m29d_010423359.jpg

2012y01m29d_010427921.jpg

みなとみらいの皆様
思い出返し隊の皆様です
こちらもわざわざ送って頂きました。横浜で毎日活動されています


今日は仙台で行われた東北ユースベンチャーを見学させてもらいました
若い世代(12歳~20歳)の将来のチェンジメーカーとして支援していく活動です

「リスクをとることを奨励せず、失敗を許さない体質の日本で
『想像力と創造性を駆使して、気づきを行動に変える勇気をもつ若者』
をひとりでも多く輩出する」
と説明にありました

今日エール大学の学生さんが講演されたのですが
15歳のときに若い女性の活動支援する団体を作り
今までに20カ国、3万人の生活向上に影響を与えられたとか

素晴らしい取り組みだと思います
失敗を恐れず、思いを持ち続け、行動し続けた結果だと思います
色々な人と接し、様々な環境の中で成長されたんだと思います

以前元国連の職員だった別府さんという方がおっしゃっていたのですが
今日本の若者は昔と違い外に出なくなったとおっしゃっていました
アメリカへの留学者も少なくなっているそうです

日本人の奥ゆかしさ、大人しさは海外では全く通用しないとか
言葉にして伝えることの大切さ、難しさを肌で感じられた方だと思います

今日は大変多くの若い方々が来ていました。皆さん被災した自分たちの町のために
何かしたいという思いを持っているのを感じました
10年20年先に、震災があったけど失ったものはあるけどでも今があると思えるような
社会を作っていく担い手が出てきてくれると思います

2012-01-23

今日は2名の来客が

2012y01m23d_220524015.jpg

武蔵小杉さかい歯科医院写真洗浄ボランティアの小林さんと東北大学の福長さん

2012y01m23d_220532578.jpg

武蔵小杉で洗浄頂いた写真

2012y01m23d_220537875.jpg

皆様からの寄せ書き

他にも様々な品物をお持ちいただきました
温かい想いが詰まっています
小林さんのブログ

福長さんも「情報ボランティア@仙台」
という活動の一環で思い出探し隊に話を聞きに来られました



名取観光復興プロジェクトの集まりが開かれました
3月11日に向けて準備に入ります
国、市役所、観光協会、朝市、各町内会などイベントはそれぞれ開かれますが
国以外をまとめる形で進みそうです

2012-01-16

大阪の朝日新聞の記者の方が新聞を送ってくれました

2012y01m16d_202248906.jpg

神戸の桂木小学校の取り組みが取り上げられています
阪神大震災の後に建てられた学校です
震災を知らない子どもたちが今回を機に、改めて阪神大震災にも
目を向けてくれればと思います

去年一年で神戸の復興住宅では相当な数の方が孤独死されたそうです
改めて震災が奪ったものを考え、出来ることを考えてもらう
そして大きくなったときには震災に限らず、辛い立場にある人に
思いを馳せ行動できる大人になってくれればと願っています

2012-01-11

静岡から写真と寄せ書きが届きました

2012y01m11d_205137734.jpg

寄せ書き

2012y01m11d_205143484.jpg

静岡第一テレビがハートプロジェクト静岡の取材をされた番組が
今日静岡地区で放送されたそうです

以前お伺いさせて頂いた際には本当に温かく迎えて頂きました

静岡の皆様が名取に寄せてくれた思いがいつまでも
続いていくことを願っています

2012-01-06

写真を探しに来られた方からこんな贈り物

2012y01m06d_230657750.jpg

2012y01m06d_230836890.jpg

遠方に移られなかなか体育館に来られないそうですが
わざわざカイロを置いていって下さいました

漏水のため、体育館は水道も使えなくなりました
ポリタンクでしのいでいますが・・・

水道も電気もなく寒さも厳しいですが、そんな中でも
継続的にボランティアに来て下さる方もいらっしゃいます
本当にありがとうございます!


2012-01-02

大晦日の様子です

2012y01m02d_205050281.jpg

ハートプロジェクトの大久保さん、松浦さんが見えられました
写真カイロをお持ちいただきました

インフルエンザが流行っているようです
今日はそんな中、3人もボランティアに来てくれました

ありがとうございました!


さて2011年が終わりました

思い出探し隊が3月末に発足してから相当の月日が経ちました
私が発起人の竹澤さんから引き継いでからも相当の日数が経ちました
当初から今まで途方もない数の方々の善意があったからこそ
ここまで成り立ってきました

当初は「つながり」「絆」という言葉を簡単に使っていましたが
今はその重さが以前よりは分かる気がします

私個人の至らなさで切ってしまったつながりがありました
思いを持って接してくれたのに対し、応えることができていればと
今では思います。失ってから気付きました


かつて思い出探し隊の中に、以前自らボランティア団体の代表を
されていた方がいらっしゃいました

その方が「言動には本当に気を付ける様に」と卒業される際に伝えてくれました
自分自身の不用意な言動が知らないところで人を傷つけ、自分も傷つける
ご自身も色々な経験をされ、色々な失敗もされたのだと思います

今自分自身に矢印を向けても、本当にまだまだだと思います
そんな中でも本当に数多くの方々が善意で携わって頂きました

これまで直接来て頂いた方々、各地で携わって頂いた方々
皆様に改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。